Warning: Use of undefined constant _yoast_wpseo_metadesc - assumed '_yoast_wpseo_metadesc' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/2/0903/web/cinenote/wp/wp-content/themes/cinenote2017/inc/schema.php on line 8

リトル・フォレスト

2014年公開映画『リトル・フォレスト』の作品データ/批評/感想/レビュー/動画/画像/販売/配信/レンタルサイトの巡回をお助け

動画

“小森”は東北のとある村の中の小さな集落。いち子(橋本愛)は、一度街に出て男の人と暮らしてみたものの、自分の居所を見つけられずに、1人でここに戻ってきた。“言葉はあてにならないけど、わたしの体が感じたことなら信じられる”と、何事も自分でやってみないと気が済まない性格のいち子は、稲を育て、畑仕事をし、周りの野山で採った季節の食材を料理して食事を取る毎日を過ごしている。そんな静かなある日、彼女の元に1通の手紙が届く。それは、5年前の雪の日に突然失踪した母・福子(桐島かれん)からだった。甘酒とカボチャを使って作った3色ケーキ、子供の頃から大好きな出来立てアツアツの納豆もち、ふきのとうでつくるばっけ味噌……。母のレシピを料理しながら思う。“私は母さんにとって本当に家族だったろうか……。”今までの自分、そしてこれからの自分を思い、心が揺れ始める。親友キッコ(松岡茉優)との小さな口げんかでは、“私は、ちゃんと向き合えなくて、それで小森に帰ってきたんだな……”と落ち込む。さらに、小森のこれからを真剣に考えるユウ太(三浦貴大)からは、“いち子ちゃんは1人で一生懸命やっててすごいなと思うけど、本当は逃げてるんじゃないの”と指摘され、言葉を返せない。長かった冬も終わりに近づき、雪解けが進んできた。少しづつ畑の準備を進めてきたものの、いち子は春一番で植えるジャガイモを、今年は植えるかどうか迷っていた。来年の冬、ここにはいないかもしれないから……。自分の本当の居場所を探すいち子が、春の訪れと共に出した答えとは……。 (TMDb

作品画像はTHE MOVIE DBを参照しています。
作品データはWkipediaのAPIを経由して表示しています。
This website is powered by Wikipedia and TMDb.

COMMENTS

「良質なレビューを発見!」「感想ブログを書いた!」
「キャスト/スタッフのSNSアカウントを見つけた!」など
『リトル・フォレスト』
に関する情報をお気軽にどうぞ。